ホテルの正しい利用の仕方LOGO

ホテルの正しい利用の仕方

「ホテル」とは、言わずと知れた「宿泊施設」です。旅行のときや出張の際など、頻繁に利用する人もいればあまり利用しないという方もいらっしゃるでしょう。「ホテル」はサービス業の頂点に君臨するビジネスです。私たちは主に日中に活動し、日が暮れ、夜になると活動を終え、眠りにつきます。そこでしっかりと休息がとれれば、私たちは翌日も元気に活動することができます。逆に十分な休息が取れないと、疲れが抜けず、体がだるくなったり重くなったりしたまま一日を過ごすことになるのです。

ホテルは自宅から遠く離れた場所でも十分に休息がとれるように、また日常から離れてリフレッシュできるように、宿泊客が心身ともにリラックスできる場所として存在しています。そこにはさまざまな人が宿泊しています。それら宿泊する方たちは性別も年代も、あるいは国籍さえバラバラです。ですがホテルはどんな宿泊客でも等しく「満足」させられるようにそのサービスに磨きをかけているのです。

ただ宿泊するだけでいいなら、「民宿」やカプセルホテルでもいいはずです。ただ寝床が欲しいだけならば、割高のホテルを利用する必要はないのです。それでも「サービス」を売りにするようなホテルが存在するのは、ただ眠るだけでは不十分だからということなのです。「休息」というものは「心身ともに」リフレッシュするものです。日常から離れ、いつもの景色とは違う光景に触れ、いつもとは違うベッド、枕で眠ることは人によってはストレスになってしまうこともあります。そのような人ですらリラックスできるように工夫された場所がホテルであり、ただ「眠る場所」を提供しているだけではないのです。私たちはホテルで「リラックスできる時間」を買っているのです。

民宿の場合、トイレと風呂が共同になっている場合があります。カプセルホテルの場合、「部屋」ですらありません。ホテルにはひとりひとり、あるいは家族ごとに部屋を取り、専用のバスルームとトイレが備えられ、入浴から朝の髪のセットまでいつもと同じように行えるのです。トイレが共同であったり、浴室が共同であると他の宿泊客が気になってしまい、なかなかリラックスできないのではないでしょうか。ホテルではそのようなことは起こりません。

カプセルホテルや民宿に比べるとだいぶ料金は高いものの、ホテルにはその分だけの「価値」があります。その価値は私たちの「休息」という指標では表せないものに転嫁され、私たちの一日の終わりと始まりを彩ります。時間は連続で続いているものですが、私たちはずっと目を覚ましたままではいられません。必ず眠り、頭をリセットする必要があるのです。そのためにも、十分な休息が必要で、自宅から離れた場所では「ホテル」がそれにもっとも適した場所であるのです。ホテルのサービスは奥が深く、また利用する際に気をつけたいマナーもあります。ホテルを深く知り、ホテルを考えることでより充実した休息を得られるようになるのではないでしょうか。ホテルにはランクはさまざまです。そのため宿泊料金もさまざまです。そのなかでどのような選択をして、何を重要視するのかを自分のなかで改めて整理しておけば、迷わず選べるというものです。

dir

↑ PAGE TOP